ロードサービスの仕事に憧れて…

深見敬太

勤務地:鶴ヶ島営業所
年 齢:37歳
勤務歴:1年
前 職:印刷工場

 この仕事を選んだ理由は何ですか?

もともとは自動車整備工場で働いていましたが、家族ができたタイミングで印刷会社へ転職し工場内で機械のオペレーターをやっていました。

印刷会社の仕事をする中で「やっぱり車関係の仕事がしたいな」と考えており、尚且つ「どうせやるなら、お客様との距離が近く、お客様に感謝されるような仕事がしたい」と思い、ロードサービス業界への転向を決意しました。

 この仕事に就いてみていかがですか?

この会社に入る前は、ピリピリした空気で緊張感のある職場なのかなと思っていましたが、実際は待機所での待機時間は和気あいあいと雑談等もしながら隊員同士も仲の良い雰囲気で安心しました。

そして、いざ現場出動の時は気持ちを切り替えて安全第一に他の隊員とも連携を取りながら作業を遂行しているという感じですね。

 どんなことにやりがいを感じますか?

現場などでお客様から「ありがとう。助かったよ。」とお声をかけていただけることが一番やりがいを感じますね。
暑い時期などで、お客様から飲み物を戴いたりすることもあったり、
地方から来ていたお客様で土地勘も全くない中、車が故障してしまって大変困っていらしたので、親身に対応させていただき、タクシーも手配して対応したところ、後日お礼の電話を戴けた事には「この仕事をやっていて良かったな」と感じました。

 今後の目標はありますか?

レッカー車は勉強中なので一人前になることを第一の目標としています。
サービス面では、技術の向上はもちろんですがお客様が困ったときに「ネットワークの、あの人に助けてもらいたい」と指名されるような人間になりたいと思っています。

尋常ではないくらい作業の早い先輩や、現場到着から帰ってくるまでの地図が頭の中に入っていて曜日ごとの渋滞予測までできてしまうすごい先輩がいるので、見習って成長していきたいです。